このDVDセットは、日本を代表する宇宙工学の日本宇宙フォーラム(JSF)が全映像資料を監修し、NASA宇宙開発の軌跡をその立ち上げから現在の火星へのアプローチへの礎となる火星探査計画までを記録した集大成です。1950年代から記録されてきたNASAの映像と、国際宇宙ステーション時代になり日本も積極的に参加、貢献してきた映像を教育ならびに啓蒙用映像作品として貴重映像記録集12巻にまとめました。 また作品中で日本人宇宙飛行士の活躍を3巻にわたり記録しております。さらに作品冒頭に現役宇宙飛行士、野口聡一氏(JAXA所属)のコメントを挿入しております。現在も次回ミッションへ向け訓練を続けている現役宇宙飛行士の撮りおろしによるDVD出演は大変貴重な内容です。宇宙を知り、更に宇宙を目指す野口氏が語るメッセージは圧巻です。

作品の特徴
【作品の特徴】
● 20世紀から続く宇宙開発遺産を記録 (総収録時間724分)
● 全12巻の壮大な宇宙開発記録・数々の本邦初公開映像
● 日本人宇宙飛行士の活躍をDVD3巻にわたり収録
● JAXA最新プロジェクトと連動
● 生々しい交信記録をわかりやすい字幕で解説
● 日本を代表する宇宙工学の日本宇宙フォーラム(JSF)が全映像資料を監修
● 現役宇宙飛行士・野口聡一氏(JAXA所属)が若い世代に語る熱い思い


協力 / 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 JAXA ・ 財団法人 日本宇宙フォーラム JSF
監修 / 渡辺勝巳(日本宇宙フォーラム)
映像・写真 / JAXA・NASA
出演 / 野口聡一(JAXA 宇宙飛行士)
インフォメーション
「人類宇宙への挑戦 ~アポロからスペースシャトル、国際宇宙ステーション~」DVD全12巻セット発売開始!

一般個人向け販売価格:150,000円(税抜)
※企業、図書館、教育機関等にて団体での視聴や貸し出しを目的とした団体向けパッケージもございます。詳しくはお問い合わせください。

アスカインターナショナル Online Shop

プロモーション動画公開中

収録内容
 
■ Vol.1 NASA宇宙時代の幕開け
・マーキュリー計画(1959~1963)
・マーキュリー計画とジェミニ計画の時代
 
■ Vol.2 アポロの時代
・JFKスピーチ 1962
・アポロ計画
 
■ Vol.3 人類月に立つ - アポロ11号
・アポロ11号有人月面着陸に成功する!
・打上げドキュメント
 
■ Vol.4 アポロ 困難の克服~月面探査まで
・アポロ13号
・先人の肩に乗って~月面探査の完結と新たなる挑戦
 
■ Vol.5 困難からの回復~スペースシャトル・ハイライト
・チャレンジャー号映像資料
・STS-91 スペースシャトルとミールの最終ドッキングミッション
 [特典] スペースシャトル発射集
 
■ Vol.6 スペースシャトルのミッション
・船外活動
・船内活動
 [特典] EXPEDITION 13 ~遠征~
 
■ Vol.7 日本人宇宙飛行士、スペースシャトルで宇宙へ
・毛利衛
・土井隆雄
 
■ Vol.8 日本人女性宇宙飛行士の時代が来た!
・向井千秋
・ISSきぼう 野口聡一 山崎直子
・土井隆雄
 
■ Vol.9 日本人宇宙飛行士、国際宇宙ステーションへ
・星出彰彦
・若田光一
・古川聡
 
■ Vol.10 NASA国際宇宙ステーションの時代へ
・スカイラブ 空の上の発見
・STS-113
 [特典] 地球の映像
 
■ Vol.11 NASA惑星探査~太陽系外へ
・ボイジャー号の思い出~ SOLAR SYSTEM VISUALIZATION PROGRAM 1990
・ボイジャー号 外惑星への道~ A TOUR OF OUR SOLAR SYSTEM
 
■ Vol.12 NASA火星探査計画
・火星探査計画 PART1
・火星探査計画 PART2
 
監修者からのメッセージ ~人類宇宙への挑戦 12巻セットについて~

日本宇宙フォーラム 渡辺勝巳
(一財)日本宇宙フォーラム 渡辺勝巳氏

1974年宇宙開発事業団(現JAXA)に入社以来、一貫して広報・普及業務に携わる。2005年から宇宙教育推進室長として、青少年教育の場での、宇宙開発の普及に力を注いだ。現在、一般財団法人日本宇宙フォーラム広報調査事業部主任調査員。
 1957年10月4日、旧ソ連は人類史上初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げに成功しました。直径60㎝、重さ80㎏程度の小さな人工衛星は、人類が宇宙への大きな夢に向かって進んでいくことを高らかに告げるものでした。そしてそれは、第二次世界大戦後の冷戦状態にあったアメリカ・旧ソの国家威信をかけた宇宙開発競争の幕開けでもありました。

 1961年4月12日、人類史上初の人間の宇宙飛行は、またしても旧ソ連のボストーク宇宙船に搭乗したガガーリンにより達成されました。そして、米・ソはさらに大きな夢の実現である"月への有人着陸"を目指しました。両国とも、悲しい、そして大きな犠牲を払いながらも激しい競争を続け、1969年7月20日、アメリカのアポロ11号により人類はついに月にその足跡を印しました。まさに、人類が種としてこの地球上に誕生して以来、数百万年の歴史の中で持ち続けてきた"最も古い夢"が実現したのです。それ以降の宇宙開発は、競争から協調へと進み、現在では国際宇宙ステーションが運用され、そして有人火星探査も構想されています。

 1960年代に進められた人類史上最大級の活動である月への有人探査は、わずか10年足らずで達成されました。冷戦状態を背景とした不穏な世界情勢下での10年間でしたが、日本ではまさに高度経済成長の中、国民全体が大きな夢に満ち溢れ、明るい未来を築くため、エネルギッシュに活動している時代でした。

 これら人類の宇宙への挑戦の姿は人類数百万年の歴史の中でも特出すべき活動であり、単に歴史の一コマとしてではなく、当時の人間の情熱も含めて、次世代を担う青少年に"今"語り継ぐ必要があります。

 このたび制作・発行された【人類宇宙への挑戦 全12巻】は夢に向かって偉大な躍進を遂げた1960年代の輝かしい人類の活動の姿を目の当たりにした世代には『誇りと、再び夢』を、そして次代を担う青少年には『夢と勇気とチャレンジ精神』を与えてくれるものと確信しています。

 
お問い合わせ
 
●商品についてのお問い合わせ、ご購入に関するお問い合わせは下記まで。

アスカインターナショナル Online Shop

株式会社アスカインターナショナル

(受付:平日10時~18時)